当院の美容医療への考え方

当院では一般皮膚科の他、美容皮膚科部門のご対応を積極的にまじめに行っております。  
皮膚科専門医の立場で、メニューを厳選し適正な価格でご対応できるよう心掛けています。   
例えば高額な方が信頼性が高いとか、逆に安い方が良心的気軽であるとかありますよね。  
当院はあくまでも一般皮膚科を中心医療と考え、過剰を排除し、方法製剤を厳選し提供したいという理念です。

最近のニュースでもあるように、膚の構造を変える医療行為である脱毛などは
エステでは当然行えません。
一方、医療機関も、独自性をアピールするものはかなりの規制がかかります。

まじめに美容医療行為を受けたい方々は、どこに行けば良いのでしょうか。
確かにバナー広告、インタビューを受けている風の形態の記事広告、検索と上位に掲載されるPRマークの広告、
芸能人の活用、患者さんの声の掲載など(これらも本来規制されています。)
過剰な問題のある医療機関が多いこともありますが
規制表示が守られず続けていることはクリニック選びの一つの目安になるかもしれません。
 
これまでも、今後も、問題のある美容皮膚科クリニックやエステとは一線を画す存在でありたいと思います。      

例えば、院長やスタッフが若々しさをアピールするため、いろいろな施術を自らに行い続け、
写真やメディアに積極的に登場公開し、わかりやすい広告塔として、有効性や安全性をアピールする。 
この手法自体は、美容クリニックの宣伝としてはとても有効なこと,受診者さんにとって、安心感に
結びつくことは承知しております。   
一方、当院は、機種選定や安全性確認、効果確認、欠点抽出などのため知識、技術向上のために
テスターはいたしますが、自らの若さ美しさを維持し続けるための利用継続は行いません。      

実際、院長やスタッフには、しみ・しわ・毛穴の開き・くまも それなりに存在します。  
自己負担で当院の施術や美容商品のテスターとして、スタッフ個々が自主的に、自由に協力はして
くれますが、医療機関からの指示や強制はありません。
一見、院長含めて説得力のない外見に見えてしまうかもしれません。(時々患者さんの視線を痛く感じる時もあります。笑)
しわを治す人なのにしわがある。くまに有効なクリーム作ってるのにくまがある、しみも少しあるし、、、など。

確かに私たちスタッフは、機器や商品を自由に利用できる環境にはあります。
ただし、それにはランニングコストがかかります。
その分受診者さんへのコストとして何らかの形で必ず上乗せされていることになります。     

美容医療従事者は、自らが理想になるためではなく、受診者の方が理想に近づくための、バックアップ技術や知識製剤提供のために
専念すべきだと考えています。
当院のスタッフは、美容モデルとしてではなく 美容医療提供者として従事しております。           

ただし、現代では、男女問わず、エイジングケアへのご関心ご要望は、ごく一般的で、当然なこともスタッフ共々よく承知しております。

法律や資格などの問題で仕方がないのですが、エステ施術や街角、通販の化粧品では
実は全うな効果を得ることは出来ないのが現実です。
実際、皮膚科をしていると、世の中の美容化粧業界、美容皮膚業界の胡散くささが鮮明に見えてしまいます。
かといって一般皮膚科だと硬そうで相談しにくいでしょう。
じゃあどこに行けばいいのー!という声が聞こえます。

そのはざまで悩んでおられる方々へ

当院はまじめにきれいな肌になりたい方の味方でありたいと思います。
説明はもちろんいたしますが、強制は全くいたしません。美容はあくまでも自由です。
効果に個人差があることは予めご承知をお願いします。
どうぞ、当院を気軽にご利用ください。

院長